©FUKUTSU

福津組について
施工実績について Works
杭工事:下杭建込
土工事:基礎根切り
地業工事:根切り完了
基礎工事:鉄筋・地足場仮設完了
基礎・コンクリート工事:コンクリート打設
躯体工事:梁型枠掛け
躯体工事:R階スラブ型枠掛け・上部
躯体工事:R階スラブ型枠掛け・内部固め状況

観光交流センター建設工事

工期 令和5年5月31日~令和6年12月13日
工事概要 構造・規模 道の駅:RC造平屋階建て
      駐車場屋根:W造平屋建て

      建築主体工事一式
      電気設備工事一式
      機械設備工事一式
      外構工事一式

建築面積  道の駅  :459.17 ㎡
      駐車場屋根: 69.55 ㎡

延床面積  道の駅  :427.00 ㎡
      駐車場屋根: 49.81 ㎡
コメント Q.どんな工事?
 古平町の情報発信や観光客の利便性向上、そして地域のふれあいの場『地域の顔』となることを目的とした道の駅をつくります。
道の駅は、ドライバーや旅行者のための休憩機能、道路交通情報や観光・物産等などの情報発信機能、地域の特産物の販売などを通じてまちとまちが連携して活力ある地域づくりに取り組む地域連携機能を兼ね備えた施設です。

Q.この工事の特徴は?
 RCラーメン構造の外断熱工法を採用しており、通常の平屋建てよりも2倍の高さの断熱パネルを積み上げて施工する工事となっています。
・ラーメン構造は柱と梁の接合部を強く固定する「剛接合」により、耐震性が高い特徴があります。
・断熱材を室内側に張る内断熱工法が一般的ですが、外断熱工法はコンクリートの外側に断熱材を張る工法です。これにより、コンクリート躯体が外気の影響を受けにくくなり、屋内の温度が安定し、コンクリート躯体の耐久性も高まります。

Q.進捗状況は?(R6年6月現在)
 1階躯体コンクリート打設に向けて工事を行っています。1階躯体打設後はハト小屋(火災時に煙を排出する為の箱状の構造物)及びパラペット躯体(屋根と外壁の間にある立上り壁)のコンクリート打設を行い、順次外装、内装仕上げ、周囲付属建物の施工を行っていく予定です。
目次に戻る